カルモくん にブラックリストが審査を申し込むと!【こんな結果になります】

カルモくん ブラックリスト

お得に新車が賃貸できることで話題の【カルモくん】。

カルモくん ブラックリスト

そんなカルモくんに、いわゆるブラックリストの人が審査に申し込むとどうなると思いますか?

『え?審査、実はちょっと自信ないんだよね』

という方のために、カルモくんをブラックリストが申し込んだ場合について、今回は書き綴ってみたいと思います。

おトクにマイカー 定額カルモくん

カルモくん にブラックリストが申し込みとこうなる!

カルモくん ブラックリスト

結論から書かせていただくと、ブラックリストの人の事前審査は通らず、カルモくんの契約には至りません。

まあ、当然と言えば当然ですね。

 

ブラックリストという言葉に関して今更説明はしませんが、金融機関やクレジット会社に対する支払いで滞りがあったり、払わずに焦げ付いたりした人のことを言います。

世の中ではブラックリストと呼ばれていますが、完全にブラックになるとクレジットカードは作れず、ローンも組むことができません。

 

これは私の知人で実際にあった話ですが・・・

サラ金(消費者金融のこと)でも断られ、奥様の保証人になった瞬間に奥様も審査NGになった人がいました。

 

これ意味わかりますか??

この知人をKとしましょう。

Kの奥様は単独で審査が通ったんです。

ですが、最初に『念のためご主人の保証人があったほうがいいかも』ということで、Kの名前が保証人になった瞬間に審査が通らなくなったのです。

 

この件で、審査会社の担当はこう言ってきました。

『このKさんの名前が出た瞬間に、全てがブラックに塗り替えられてしまいます』と・・・。

周りの人まで黒に変えてしまう・・・真のブラックリストの影響力は非常に大きいのです。

 

話が逸れましたね(;^ω^)

カルモくんにブラックリストが審査したところで、普通のローン審査やリース審査と同じですから、当然審査は通らず利用もできません。

厳しい現実ですが、最初に書かせていただきました。

 

ブラックリストがカルモくん を使うための方法

カルモくん ブラックリスト

これから書かせていただくのは、完全に私の独り言です。

なぜなら、これから書くC案はカーリース利用の常識から逸脱していますし、クレジット会社のコンプライアンスを完全に違反している内容も含まれるからです。

目的は、ブラックリストの人でも、なんとかしいてカルモくんを使うことなので、常識はずれな内容になることをお許しください(>_<)

 

【A】支払いを終えて、じっと待つ!

まずは最も望ましい模範解答です。

滞った支払いを全て終えて、じっと待つ・・・。

『どれくらい待つんだ?』ということになりますが、基本的には5年です。

理由としては、ちゃんと残額を支払えば、ブラックな情報が5年で無効となるからです。

 

ただし、注意点もあります!

直撃しているローン会社はずっと厳しいと判断すべきでしょう。

仮にA社で未払いだったり、焦げ付いていた場合、一生データは残ります。

その場合5年が経過してもA社では審査が通ることは期待できません。

そんな感じですね。

 

【B】支払いを終えて、保証人を付ける!

これも正当な方法であり、この3つの中では最も審査が通りやすい方法でしょう。

まずは未払いの分を支払う。

そこで有力な保証人を付けることによって、審査が通る・・・。

これであれば、5年を待たずしても審査が通る可能性も十分にあります。

 

ただしこの場合、ちょっと執行猶予が付きそうなグレーの人の話。

完全に焦げ付いているようなブラックリストは厳しいかもしれません。

何そしてもダメ・・・そんなブラックリストの人の場合、残される方法は3つ目のCしかないかもしれません。

 

【C】名義人を変える(タブーな方法)

これは完全にダメな方法ですが、私が勤めるカーリースでは普通に起こっていることです。

名義人を変える・・・と書いていますが、ここでいう名義人は家族のことです。

さすがに他人のために名義を貸す人はいませんからね(;^ω^)

 

よくあるのが、お嬢様が離婚してお金がなくて、キャッシングしてブラックリストに・・・。

そこで実家の父親が年金だけ度、カーリースを代わりにくんで、娘に渡している・・・という内容です。

 

他にもご主人の審査が完全にだめで、奥様で通したり、兄弟で通したりするのは普通に日常茶飯事です。

ただし、これは完全なるコンプライアンス違反に該当するので、ちゃんとカルモくん側に相談することをオススメします。

 

『保険を入ればいいんでしょ?』と開き直る人がいますが、その考え自体がブラックリスト。

決してオススメできる方法ではありませんが、こうやって乗っている人もいる・・・ということで、参考までに書かせていただきました。

➡参考記事【審査のない!ブラックリストでも借りられるカーリースについて!】

関連記事

ページ上部へ戻る