古村比呂の余命と子宮頸がんのステージが気になります・・・大丈夫でしょうか?

ウォータースタンドを使って満足している私ですが、たまたまテレビで古村比呂さんの息子さんたちが出演する、ザノンフィクション「母さんがガンになって僕が思ったこと」を見ました。

古村比呂さんは現在、子宮頸がんステージ4と闘病中のようですが大丈夫なのでしょうか?

余命が早くもささやかれる中、今回は気になったのでそんなことを書いてみたいと思います。

《古村比呂 余命は子宮頸がんステージで分かる?》

常日頃、ウォータースタンドのことを書いている私にとって、子宮頸がんの知識は皆無に等しいです。

ですが、癌のステージの一番末期であることくらいは素人の私でも知っています。

ここではあえて数字では書きませんが、私が常に参考にしているこちらのブログでは書かれていました。

 

古村比呂さんの場合は一度の手術では済んでいないようで、最初は「円すい切除」の手術・・・。

それで本人は終わりと思っていたそうなのですが、2週間後に『おひとりですか?』と医師から言われ、その後に追加で言われたのが子宮とリンパ節切除の手術が必要な旨を言われたそうです。

詳細は先程ご案内したブログを見ていただきたいのですが、ステージ4と言えば離れた臓器まで遠隔転移しているほど進行している状態・・・。

なんだかとても心配です。

 

古村比呂さんは小林麻央さんのように、毎日ブログを更新しており、その中で厳しい抗がん剤の副作用との闘いを綴っています。

気合で治る病気ではないことくらい分かるのですが、今は諦めないで頑張ってほしい!!

それが私の願いです。

 

いつもは美味しい水・・・なんて書いている私ですが、同じ女性としてついつい気になったことを書かせていただきました。

私は子宮頸がんではありませんが、祖母が癌を患ったことがあるので、遺伝は無いのか??実は少し気になっています。

 

古村比呂さんの余命・・・そんな風にネットでは書かれていますが、病気から解放され、素敵な笑顔をテレビで見せてくれる日が来ることを楽しみにしています。